ブログテーマ設定の不安

こんにちは、ひらです。

このブログを立ち上げて10日が過ぎました。
「毎日ブログを書く」と決めた目標は維持できてます。

え?土日書いてない!?

もうひとつの趣味の備忘録としてのブログを週に1~3本書いてます。笑

 

広告

 

まだ立ち上げて間もないこのブログですが、

こんなに記事を量産するのは初めてで、
アンテナ高くする意識と、まぁそれなりに記事を書く時間をとられています。

 

楽しいと思えないとできないことなので、
きっと、僕は楽しんでるんでしょうね? 笑

このブログを初めた目的は

「このブログが趣味の延長で副業として成り立つ。」事。

僕が仕込んでいるテーマだけでは、
対象を絞り込むので良いことでもあるのですが、
可能性も狭めてしまいます。

できるだけ、「トレンド情報」を記事にして対象を増やし…

実は、この発想が早速、僕を悩ませてます。

テーマがバラバラなのです。

バラバラでも良いと思ってスタートさせたのですが…

改めて、このバラバラな状態でも良いか?を検証するために、
かなり曖昧に描いていたペルソナに触れてみることにしました。

ペルソナとは
「製品·サービスにとって重要と設定した特徴的なユーザー像を可視化する手法」

ウェブマーケティングに関わると、
必ず「ペルソナ」というキーワードが出てきます。

 

日本の製造業とウェブマーケティング

 

情報こそが「ヒト、モノ、カネ」を有効に使う判断

ペルソナの話の前にウェブマーケティングの重要性について触れます。

僕は本業でも、ウェブマーケティングに関わってます。
少しだけ…基本は営業です。

僕の本業はメーカーなのですが、プッシュ営業一辺倒でした。
なので、6年前にプル営業体制構築の必要性を訴えて、
プル営業体制を築いてきています。

 

プル型営業とプッシュ型営業の違いを理解していますか?プル型営業とプッシュ型営業について解説し、プル型営業を展開する上で大…

 

経営資源として「ヒト、モノ、カネ、情報」と言われている昨今。
情報を有効活用していかなければ、世の中から取り残されます。

情報を得たければ、対価を支払う必要があります。

つまり、

情報を金銭で買うか?

自分達の情報を提供するか?

その情報こそが「ヒト、モノ、カネ」を有効に使う判断となります。

 

日本の製造業とマーケティング

「良い製品、技術があれば売れる」
「いやいや、そんな甘くないよ~」

なんて言いながら、まだ信じている…信じたいのではないでしょうか?

なぜ日本のメーカーはSamsungに負けた??
改めて、自社の経営状況を客観的にみてはどうでしょうか?

もしかして、未だに
「少しでも外にでて顧客から注文(テーマ)をもらってこい!」
なんて言われてませんか?
その経営者?上司?は昭和にでも戻っていただければ…

 

情報化社会では、スピードがとにかく早い。

ニーズが顕在化する前…つまり潜在状態からニーズを抽出しなければ手遅れ。
どんなに素晴らしい製品や技術があっても、
昔ながらのプッシュ営業では間に合わないのです。

営業マンに頼る=活動は有限なのです。

常にスマホと共に生活するライフスタイルに変化しました。
その習慣はワークスタイルにも当然影響します。

なにか知りたいことがあった時、

営業マンや店員に聞く → ネットで調べる。

最速で情報を提供、入手するためにインターネットを使う。
だからこそ、ウェブマーケティングは重要なのです。

 

広告

 

ペルソナが通用する場と通用しない場。

 

本業で様々なウェブマーケティングサービスを提供する
会社からの営業を受けており、

「ペルソナは描いてますか?」

時々聞かれます。

実は、BtoC向けの製品やサービスを提供するメーカーには有効ですが、
BtoB向けの材料を作るメーカーにはペルソナを描く重要性は薄いです。

対象となる人は、購買担当や開発担当等。
性別、年齢共にバラバラですし、

ペルソナを描く事で、
製品·サービスにとって重要と設定した
特徴的なユーザー像=個人を可視化します。

個人をターゲットとした手法です。

本業で僕は
「ペルソナは描く意味があまりないです」
と回答してきましたが、

このブログにおいてのターゲットは個人です。
改めて「ペルソナ」を描いてみる必要性があると感じました。

当たり前の話ですが、戦略は手法です。
自社(自分)にとってメリットがあるのか?は
予め「何を目的としての戦略(手法)なのか?」を理解した上で
着手することが大切ですね。

 

次回、ペルソナの重要性と描き方について触れたいと思います。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!
広告